レグザブルーレイ/レグザタイムシフトマシン

おまかせダビング

録画番組のらく見で再生した部分だけをを手軽にディスクにダビングすることができます。録画番組を選んでリモコンの「黄」ボタン→「おまかせダビング」→「番組選択」と進むだけのステップでディスクに残せます。

らく見で再生した部分を時短でディスクに残せる!
  • ※ コピープロテクション情報が複数含 まれる4K番組は、ディスクへダビン グすることができません。

用途に合わせてダビングが簡単にできる

ダビング/チャプター選択ダビング

各種ダビング(ダビング・チャプター選択ダビング)メニューは、録画リストから利用が可能です。見て、楽しんだらすぐにバックアップが可能です。

  • ダビング

    複数の録画番組をまとめてディスクに保存することができます。

  • チャプター選択ダビング

    録画番組の好きなチャプターだけを選んでディスクに保存することができます。

  • 録画モードが混在している場合にもダビングできる

    選択した番組の録画モードが混在している場合にも、ハードディスク、USB-HDD、DVDへのダビングが可能。録画モードDR、AVCの番組の場合はUSB-HDDハードディスクに高速そのままの画質でダビング。DVDには全てが画質モードVRでダビングします。

録画番組をダビング(ムーブ)する

ダビング/ムーブ

本機のハードディスクやUSBハードディスクに録画した番組を他の機器にダビン グすることができます。ハードディスク間のダビングは、ムーブ(移動)だけできます。また、SeeQVault™形式に変換しダビングすることができます。SeeQVault™形式に変換してダビングすると、他のSeeQVault™対応のレグザやレコーダーで再生できます。

録画番組をダビング(ムーブ)する
  • ※ SeeQVault™形式で直接録画はできません。ダビング処理でSeeQVault™形式に 変換してください。
  • ※ 4K放送の録画番組はSeeQVault™形式に変換できません。

録画した番組のチャプター分割/統合ができる

チャプター編集

録画した番組を0.1秒単位でチャプター分割することができます。チャプターを打つことで、番組の見所やお気に入りのシーンの頭出しができます。また、チャプターとチャプターの結合、全チャプターの結合も可能です。
また、ブルーレイディスクに録画された番組もフレーム単位でチャプターを打つことが可能。チャプター分割・結合・削除、番組名も変更できます。

録画した番組のチャプター分割/統合ができる
  • * 削除しても容量はへりません。

多彩なディスクに保存ができる

ダビング対応ディスク

ダビングできるディスクは、BD-R/-R DL、BD-RE/-RE DLや記録層を増やしたことで、より長時間の記録ができる大容量ブルーレイディスク規格「BDXL™」に対応。そのほか、DVD-R/-R DL、DVD-RWと多彩です。録画した番組に合わせて、適切な容量のディスクを選んでダビングできます。記録フォーマットも、ブルーレイディスク系のBDAVフォーマット、DVD系はVRフォーマットに対応しています。

ダビング対応ディスク
BD-R / BD-R DL / BD-RE / BD-RE DL / BD-R XL / BD-RE XL BDAVフォーマット
DVD-R / DVD-R DL / DVD-RW VRフォーマット
  • ※ HD REC(HDVRフォーマット)のディスクは再生できません。
  • ※ ブルーレイディスクおよびDVDによっては、本機で再生/録画/記録できない場合があります。また、今後新たに発売されるディスクや、他機でフォーマットしたディスクについても、本機で再生/録画/記録できない場合があります。

ディスクに手間なく素早くダビングできる

ディスク直接ダビング(USBハードディスク → ブルーレイディスクダビング)

USBハードディスクに録画した番組をそのままブルーレイディスクにダビングすることが可能。また、USBハードディスクの録画リストからも、ブルーレイディスクに直接ダビングできるようになりました。いったん、内蔵ハードディスクに戻す手間と時間が省けます。

今まで録(と)った番組を新しいレコーダーへ!

ネットdeダビング™ HD

LAN接続された2台の当社のレコーダー間*1で、ハイビジョン映像の無劣化ダビングが可能*2
大切な録画データをブルーレイディスク/DVD(VR)に残すことができます。また、一括ダビング(タイトル/チャプター単位)にも対応しています。

  • *1) 本機との接続にはLANケーブル(市販品)が必要です。
  • *2) DRタイトルのダビングが可能。
  • ※ タイムシフトマシン録画中はダビングができません

録画番組の画質を変換する

録画番組の画質変換

録画モード【DR(4K)】または、【DR】で録画した番組の画質を、録画モード【AVC】に変換できます。録画モード【AVC】で録画した番組は、より低画質の録画モードに変換できます。録画モードを変換すると画質が下がりますが、HDDなどの空き容量を増やすことができます。

  • ※ 保護された録画番組は、変換することはできません。
  • ※ 複数音声の4K画質で録画された番組を録画モード変換すると、音声は1つだけになります。
  • ※ 字幕付きの4K画質で録画された番組を録画モード変換すると、字幕なしになります。
  • ※ DR(4K)/DR以外で録画する場合は、DR(4K)/DRで録画後、 電源待機中に選択したモードに自動変換されます。