レグザブルーレイ/レグザタイムシフトマシン

まるごと録画した番組を、テレビでも!スマホでも!時間も場所も、気にせず視聴。快適時短生活!

時間も場所も、気にせず視聴

タイムシフトマシン

電子番組表から見たい番組を探して一つずつ録画予約する時間。見終わった録画番組をリモコンを使って削除する時間。「タイムシフトマシン」なら、これらの時間をまるごと節約。事前に設定しておくだけで、あとは好きなチャンネルを録画予約不要で自動録画し、古い番組から自動で削除してくれます。

こんな経験、ありませんか?番組表から録画予約するのに時間がかかる…見終わった番組をいちいち消すのも面倒…

DBR-4KZ600なら 地上デジタル放送とBS/110度CSデジタル放送をあわせて6チャンネル、1週間分をまるごと録画。
ゴールデンタイム(19:00~25:00)設定なら34日分!

あなたのテレビをタイムシフトマシンに

現在お使いの他社製テレビやタイムシフトマシン機能を搭載していないテレビレグザでも、レグザタイムシフトマシンをつなげればタイムシフトマシンをお楽しみいただけます。
接続も本機とお持ちのテレビをHDMI®ケーブル(別売)でつないで、設定の「初期設定」→「リモコン設定」ですぐに完了。
さらに「リモコン設定」内でお持ちのテレビメーカーを選択すれば、本機のリモコンで電源ON/OFFや音量調整をきます。

本機のリモコンでテレビも操作!
■対応テレビメーカー
ハイセンス 日立 ソニー
三菱 パナソニック シャープ
フナイ LG

*すべての他社製機器の操作を保証するものではありません。

あなたにあった使い方で3モデルから選べる

3モデルの中から、あなたにあった使い方で選べる。地上デジタル放送とBS/110度CSデジタル放送をあわせて6チャンネル。

家族みんなの6TB ゴールデンタイム6ch 約5週間まるごと録画 DBR-4KZ600
ふたりで楽しい4TB ゴールデンタイム6ch 約3週間まるごと録画 DBR-4KZ400
ひとり占めする2TB ゴールデンタイム6ch 約1週間まるごと録画 DBR-4KZ200
  • *1)チューナー【1~3】DR放送画質(地デジ)3チャンネル、チューナー【4~6】AVC最低画質3チャンネルでタイムシフト録画用領域に内蔵ハードディスクの87.5%を使用しタイムシフト録画した場合。19:00-25:00で設定した場合の目安です。実際に過去番組表で表示される最大日数は異なる場合があります。

「録画予約不要」でチャンネルまるごと録画

「タイムシフトマシン」は、設定したチャンネルの番組をハードディスクに一時保管する機能です。一度設定しておけば、設定したチャンネルをまるごと録画し続けるので、面倒な録画予約もなく、録(と)り逃しの心配もありません。地デジはもちろん、BSや110度CSデジタル放送もまるごと録画にも対応しています。

  1. 01

    初期設定で好きなチャンネルを選びます。最大6チャンネル*1*2設定できます。

  2. 02

    あとは何もしなくても、選んだチャンネルの番組を自動で録画し続けます!

    設定した条件でのタイムシフトマシン録画可能日数を経過した古い録画番組は自動的に削除されます。

  3. 03

    リモコンの「過去番組表」ボタンを押すだけで「過去番組表」の中から見たい番組を自由に選んで視聴可能!

  • *1) チューナー【1~3】DR放送画質(地デジ)3チャンネル、チューナー【4~6】AVC最低画質3チャンネルでタイムシフト録画用領域に内蔵ハードディスクの87.5%を使用しタイムシフト録画した場合。実際に1日にタイムシフトマシン録画の録画動作可能な最大24時間(10分間のシステムメンテナンス時間含む)で割って日数単位で表した目安です。実際に過去番組表で表示される最大日数は異なる場合があります。
  • *2) 地デジ放送なら6チャンネルすべてに、BS/110度CS放送の有料チャンネルについては、最大3チャンネルに設定することができます。

残したい番組は自動削除の前に保存可能

設定されている条件でのタイムシフトマシン録画可能日数を経過して自動削除される前に、残しておきたい番組を通常録画用のハードディスクに保存できます。ブルーレイディスクにダビングすることも可能です

地デジもBSも110度CSも、最大6チャンネルをまるごと録画

通常録画/タイムシフト兼用のチューナーをタイムシフトマシン録画用として設定すれば、最大6チャンネルのまるごと録画が可能に。地デジ放送なら6チャンネルすべてに、BS/110度CS放送の有料チャンネルについては、最大3チャンネルに設定することができます。加入はしていたけど、今までは見逃していた有料チャンネルも楽しめます。

6チャンネルタイムシフトマシン録画の設定例

割り当てチャンネル(チューナー) 録画モード 最長録画可能日数(目安)*4*5
DBR-4KZ600
(6TB)
DBR-4KZ400
(4TB)
DBR-4KZ200
(2TB)
タイムシフトマシン専用 【タイムシフトマシン録画設定】1 DR固定 約8.5日 約5.5日 約2.5日
【タイムシフトマシン録画設定】2
【タイムシフトマシン録画設定】3
【タイムシフトマシン録画設定】4 AVC最低画質
【タイムシフトマシン録画設定】5
通常録画/タイムシフトマシン兼用 【タイムシフトマシン録画設定】6
  • *1) 【タイムシフトマシン録画設定】1~3チャンネルの録画モードはDR固定です
  • *2)録画モードはDRとAVCから選べます。
  • *3)タイムシフトマシン録画の設定時に表示されるチャンネル番号です。
  • *4)チューナー【1~3】DR放送画質(地デジ)3チャンネル、チューナー【4~6】AVC最低画質3チャンネルでタイムシフト録画用領域に内蔵ハードディスクの87.5%を使用しタイムシフト録画した場合。実際に1日にタイムシフトマシン録画の録画動作可能な最大24時間(10分間のシステムメンテナンス時間含む)で割って日数単位で表した目安です。実際に過去番組表で表示される最大日数は異なる場合があります。
  • *5)録画可能日数は、すべてのチャンネル で同じになるように調整されます。
  • ※ 使用状況により、視聴チャンネルが限定される場合があります。
  • ※ 有料放送を視聴するには、別途、ご契約・料金が必要です。

録画容量の割り当てを自由に変更

ハードディスク容量設定

1台のハードディスクで「タイムシフトマシン録画領域」と通常録画(最大3チャンネル)・保存用の「保存領域」の割合を変更可能!
タイムシフトマシンでたくさんの番組を録画したい時は、内蔵ハードディスク容量のうち500GB分だけ通常録画(最大3チャンネル)や保存用に割り当て、といったようにタイムシフトマシン録画と通常録画(最大3チャンネル)や保存用で使用するハードディスクの録画容量の割り当てが自由に変更できます。

自分の使い方に合わせて自由に割り当てを変更できる!

  • DBR-4KZ600

    6チャンネル
    最大約8.5日間分

    (4~6チャンネルAVC最低画質モード)

    • * DBR-4KZ600で内蔵ハードディスクを5250GB使用して、タイムシフトマシン録画した場合。実際に1日にタイムシフトマシン録画の録画動作可能な最大24時間(10分間のシステムメンテナンス時間含む)で割って日数単位で表した目安です。実際に過去番組表で表示される最大日数は異なる場合があります。
    DBR-4KZ600の
    ハードディスク容量6TB(6000GB)
  • DBR-4KZ400

    6チャンネル
    最大約5.5日間分

    (4~6チャンネルAVC最低画質モード)

    • * DBR-4KZ400で内蔵ハードディスクを3500GB使用して、タイムシフトマシン録画した場合。実際に1日にタイムシフトマシン録画の録画動作可能な最大24時間(10分間のシステムメンテナンス時間含む)で割って日数単位で表した目安です。実際に過去番組表で表示される最大日数は異なる場合があります。
    DBR-4KZ400の
    ハードディスク容量4TB(4000GB)
  • DBR-4KZ200

    6チャンネル
    最大約2.5日間分

    (4~6チャンネルAVC最低画質モード)

    • * DBR-4KZ200で内蔵ハードディスクを1750GB使用して、タイムシフトマシン録画した場合。実際に1日にタイムシフトマシン録画の録画動作可能な最大24時間(10分間のシステムメンテナンス時間含む)で割って日数単位で表した目安です。実際に過去番組表で表示される最大日数は異なる場合があります。
    DBR-4KZ200の
    ハードディスク容量2TB(2000GB)

見逃した番組も今すぐ楽しむ

過去番組表

リモコンの「過去番組表」ボタンを押すだけで放送済みの番組が表示される過去番組表。
「過去番組表」の中から好きな番組を自由に選んで視聴可能、ボタン1つですぐに楽しめます。

見逃した番組も今すぐ楽しむ

放送途中の番組を冒頭から再生

始めにジャンプ

現在放送中の番組も、リモコンの「始めにジャンプ」ボタン1つで、すぐに番組のオープニングから視聴可能。チャンネルを変えている際に面白そうな番組を見つけたときなどに便利です。

放送時間に間に合わなくても、「始めにジャンプ」で最初から楽しめます。
  • * 本機能は、タイムシフトマシンでの録画中の番組に対してのみ動作します。

タイムシフトマシン録画した番組も効率よくチェック

チャプター表示/スキップ操作

タイムシフトマシン録画番組にもチャプターが自動で付き、チャプター表示が可能。番組を少しだけ確認したい、気になるシーンだけを見たい場合などに役立ちます。録画が終了する前でも、逆方向の「スキップ」ボタンを押すとチャプターの最初に戻ります。

  • 過去番組の視聴時に役に立つ

    1/20スキップ

    リモコンの左右方向キーでチャプター分割をせずに番組の長さに応じた1/20単位の間隔での前後へのスキップ操作が可能。過去番組表の番組を見る際、手軽にスキップできるので、見たいシーンを探すときなどに便利です。

    ※ 番組によっては1/20スキップできない場合があります。

  • 放送そのままの画質でのタイムシフトマシン録画

    DRモード対応

    なるべく高画質のままタイムシフトマシン録画したい、そういった要望にも対応しています。 放送波そのままのDR画質でタイムシフトマシン録画するので、高画質での視聴が可能。録画した番組は、高画質のままブルーレイディスクに残すことができます。

見たいアニメもすぐに見つかる

ざんまいスマートアクセス

テレビ番組を視聴しながら番組検索ができます。番組のカテゴリーやジャンルから素早く選び、楽しむことができます。

リモコンの「ざんまい」ボタンからあなた好みの番組へアクセス!

※ 画面下に表示される番組は、各番組情報などを当社独自の方法で解析した結果に基づき、当社独自の関連性評価を利用して表示されます。番組制作者または提供者の指定に基づくものではありません。

番組選びの切り口は、カテゴリーリストから選択

カテゴリーを選ぶと、関連映像がカンタンに探せる

お好みで選択できる

録画画質と録画可能日数

タイムシフトマシン録画では、「DR」と「AVC」の録画モードが選べます。
目的に応じてお好みの画質を設定できます。

DR AVC

タイムシフトマシン録画でも、なるべく高画質のまま視聴したい場合や、高画質のままブルーレイディスクに残したいときに選びます。

長時間タイムシフトマシン録画したい場合に選びます。AVCモードは画質を圧縮することで長時間の記録が可能になり、圧縮率を5段階から選ぶことができます。

  • ※ AVC画質モードは、4~6チャンネルのみで選択です。

内蔵ハードディスクでの6チャンネルタイムシフトマシン録画の可能日数(目安)*1*2

録画モード DBR-4KZ600
(5250GB)
DBR-4KZ400
(3500GB)
DBR-4KZ200
(1750GB)
チューナー【1~3】 チューナー【4~6】
DR放送画質 DR放送画質 約4.5日 約3日 約1.5日
AVC最高画質 約5.5日 約3.5日 約1.5日
AVC高画質 約6日 約4日 約2日
AVC中画質 約6.5日 約4.5日 約2日
AVC低画質 約7.5日 約5日 約2.5日
AVC最低画質 約8.5日 約5.5日 約2.5日
  • *1)タイムシフト録画用領域に内蔵ハードディスクの87.5%を使用しタイムシフト録画した場合。実際に1日にタイムシフトマシン録画の録画動作可能な最大24時間(10分間のシステムメンテナンス時間含む)で割って日数単位で表した目安です。実際に過去番組表で表示される最大日数は異なる場合があります。
  • *2)録画可能日数は、すべてのチャンネル で同じになるように調整されます。
  • ※ 記録時間は目安であり、この数値を必ず保証するものではありません。

録画設定を1画面で分かりやすく表示

タイムシフトマシン設定

タイムシフトマシンの録画設定を1画面で分かりやすく表示。
「有効時間変更」や「HDD容量設定変更」、「タイムシフトマシン録画モード(1~5)」、「通常録画/タイムシフトマシン録画兼用モード(6)」など、 様々な設定が変更でき、録画可能日数も確認できます。

①チャンネル タイムシフトマシン録画するチャンネルを最大6チャンネル*設定可能。② タイムシフトマシン録画モード(1~3)(4~6)タイムシフトマシン録画する番組の画質1~3はDR固定、4~6はDRかAVCに設定可能。③ 録画可能時間 容量と録画有効時間から、タイムシフトマシン録画できる日数を表示します。④ 有効時間/HDD容量設定 録画有効時間とHDD容量の設定変更が可能
  • * 通常録画/タイムシフトマシン兼用チューナーをたタイムシフトマシンで使用した場合
  • ※ タイムシフトマシン設定で設定したチャンネル、タイムシフトマシン機能で録画された時間帯だけが表示されます。

録画時間がカンタンに選べる!

6つのタイムシフトマシン録画時間メニューから、録画したい番組に合った時間帯のタイプを選択すれば、簡単に録画有効時間が設定可能!もちろん手動でお好みの時間を設定することもできます。

  • * 通常録画/タイムシフトマシン兼用チューナーをたタイムシフトマシンで使用した場合。

あなたにピッタリなメニューはどれ?
タイムシフトマシン録画時間メニュー

  • 月~金:PM7:00~翌日AM1:00
    土・日:AM8:00~翌日AM1:00

  • 月~金:PM0:00~翌日AM1:00
    土・日:AM8:00~翌日AM1:00

  • 毎日:AM8:00~翌日AM1:00

  • 毎日:PM0:00~翌日AM1:00

  • 毎日:PM7:00~翌日AM1:00

  • 毎日:24時間

※ タイムシフトマシンのシステムメンテナンス用に設定した時間は録画が一時中断されます。

システムメンテナンス時間変更

録画有効時間設定画面から、システムメンテナンスの時間も変更できます。タイムシフトマシン録画をおこなわない時間に設定すれば、録画を中断することがありません。

タイムシフトマシン録画設定時間外にも同時録画や自動録画ができる!

タイムシフトマシン録画時間外も番組録画

タイムシフトマシン録画設定時間外の空き時間にも予約録画・自動録画が可能です。
最大3番組の予約録画・自動録画が可能で、録画したい番組がタイムシフトマシン録画時間外だった場合にも気になる番組を録画しそびれません。

* タイムシフトマシン録画6ch設定は2番組まで。

タイムシフトマシン録画休止中にも予約録画・自動録画ができる!

タイムシフトマシン録画時間をもっと増やしたい

USBハードディスクを使ったタイムシフトマシン録画時間の拡大*1

タイムシフトマシン増設対応USBハードディスクを接続することで、まるごと録画できる日数を増やすことができます

  • DBR-4KZ600なら、
    6チャンネル/約8.5日分*1
    約15日分*2に増やすことができます。

    内蔵ハードディスクのみ

    最大約8日分*1まるごと録画

    内蔵ハードディスク

    USBハードディスク

    最大約15日分*2まるごと録画
  • DBR-4KZ400なら、
    6チャンネル/約5.5日分*1
    約12日分*2に増やすことができます。

    内蔵ハードディスクのみ

    最大約5日分*1まるごと録画

    内蔵ハードディスク

    USBハードディスク

    最大約12日分*2まるごと録画
  • DBR-4KZ200なら、
    6チャンネル/約2.5日分*1
    約9日分*2に増やすことができます。

    内蔵ハードディスクのみ

    最大約2日分*1まるごと録画

    内蔵ハードディスク

    USBハードディスク

    最大約9日分*2まるごと録画
  • *1) チューナー【1~3】DR放送画質(地デジ)3チャンネル、チューナー【4~6】AVC最低画質3チャンネルでタイムシフト録画用領域に内蔵ハードディスクの87.5%を使用しタイムシフト録画した場合。実際に1日にタイムシフトマシン録画の録画動作可能な最大24時間(10分間のシステムメンテナンス時間含む)で割って日数単位で表した目安です。実際に過去番組表で表示される最大日数は異なる場合があります。
  • *2) タイムシフト録画用領域に内蔵ハードディスクの87.5%と4TBのタイムシフトマシン用USBハードディスクを使用してタイムシフト録画した場合。
  • ※ 接続確認済み機器については、USBハードディスク接続確認済み機器をご覧ください。

他のタイムシフトマシン搭載機と組み合わせて使う

タイムシフトマシン連携

タイムシフトマシン

タイムシフトマシン搭載レグザや他のレグザタイムシフトマシンと本機を組み合わせることで、タイムシフトマシン録画する放送波やチャンネルを増設する感覚で使えます。例えば、レグザで地上デジタル放送の6チャンネル、本機でBS/110度CSデジタル放送の有料放送3チャンネルと地上デジタル放送3チャンネルを選び、合わせて12チャンネルのまるごと録画が可能。タイムシフトマシン録画番組をもっと自由に楽しめます。

*レグザ対応機種(タイムシフトマシン搭載):X9400S/Z740XS/X9400/Z740X/X930/Z730X/RZ630X/X920/Z720X/Z810X/X910/Z700X/Z20X/J20X/Z10Xシリーズ

「タイムシフトマシン録画のチャンネルを増設!」
タイムシフトリンク

タイムシフトマシン録画した過去の番組で構成される過去番組表を、他のタイムシフトマシン対応機器と接続し、1つの画面上で表示することができます。タイムシフトマシン対応のテレビレグザと本機をつなげば過去番組表を最大12チャンネル分表示可能。リモコンを持ち替えることなく番組を選択するなど、そのまま操作ができます。

  • ※ 画像は、テレビレグザと本機をつなげた場合の統合番組表です。
  • ※ 本機能でリストアップされる番組はタイムシフトマシンで録画した番組のみとなります。
  • ※ タイムシフトリンクが利用できるのは、LANで接続した場合に限ります。
  • ※ 連携対応レグザタイムシフトマシン:DBR-4KZ600/4KZ400/4KZ200/M4010/M3010/M4008/M3009/M2008/T670/M490/M190/M180/T560/T550/T460/T450、D-M210/470/M430
  • ※ 連携対応レグザ:X9400S/Z740XS/X9400/Z740X/X930/Z730X/RZ630X/X920/Z720X/Z810X/X910/Z700X/Z20X/J20X/Z10Xシリーズ
  • ※ 過去番組表を統合表示できる機種は1機種のみです。
  • ※ 操作画面はイメージです。