REGZA

テレビ レグザ

TVS REGZA株式会社 TOP > テレビ レグザ TOP > ゲームを楽しむなら断然レグザ
ゲームを楽しむなら断然レグザ

パフォーマンス重視の
本格ゲーム派も、
レスポンス・描画に満足

01

速さは、強さ

0.83msecという
レスポンススピードを、
高画質映像でかなえる

瞬速ゲームモード

ゲーミングに必要な高画質処理を行いつつ画像処理を短縮し、格闘ゲームなどのボタンを押すタイミングが重要なゲームを快適にプレイできます。X9400S・X9400・X8400はゲームモードにすると自動的にインパルスモーションモードがオンになり、よりスムーズな映像でお楽しみいただけます。また、M540X / C350X / V34シリーズでは、約0.83msecのレスポンスを実現しています。

ゲームタイトルや使用環境・ラインアップにより、再現性に差異が生じる場合があります。

X9400S / X8900K / X9400 / X8400 / Z740XS / Z670K / Z740X / M540X / C350X / V34 / S24
入力時
最小遅延
X9400S X8900K X9400 X8400 Z740XS Z670K Z740X M540X C350X V34 S24
60Hz 約17.5msec*1 約9.2msec*1 約17.5msec*1 約17.5msec*1 約9.2msec*1 約9.2msec*1 約9.2msec*1 約0.83msec*4 約0.83msec*4 約0.83msec*5 約18.33msec*6
120Hz 約9.2msec*2 約0.83msec*3 約9.2msec*2 約9.2msec*3 約0.83msec*3 約0.83msec*3 約0.83msec*3

*1 HDMI®1080p/60Hz 12bit入力時、HDMI®1440p/60Hz 12bit入力時(画面サイズ「フル」選択時)、HDMI®4K/60Hz 12bit入力時。  *2 HDMI®1080p/120Hz入力時。HDMI入力端子1〜4まで。  *3 HDMI®1080p/120Hz入力時。  *4 HDMI®1080p/60Hz入力時(画面サイズ「フル」選択時)、HDMI®4K60p入力時。  *5 HDMI®1080p/60Hz入力時(画面サイズ「Dot by Dot」または「フル(ジャスト)」選択時)  *6 1080p/60Hz入力時。※記載の信号遅延時間は、映像メニュー「ゲーム」選択時となります。※パネルによる遅延を除きます。※遅延時間について、くわしくは各機種の商品ページをご覧ください。

ゲームモードをONにしたテレビとOFFにしたテレビで、
同じタイミングで攻撃ボタンを押すと・・・

ゲームモードOFF

ボタンを押してから攻撃するまでの表示反映に時間がかかり、攻撃が当たるのがやや遅れて表示される。

ゲームモードON

ボタンを押してから攻撃するまでの表示反映までの時間が短く、思い通りのプレイができる。

  • 画像は、同機種のレグザでゲームモードをONにした場合とOFFにした場合の低遅延効果のイメージです。

こんなに差が出る!映像遅延時間の違いを動画で確認

ゲームモードをONとOFFにした2台のレグザで映像遅延時間の差を検証。映像遅延時間が短いと、快適にゲームを楽しめることが一目でわかります。

  • 再生ボタンをクリックすると、YouTube™に掲載している動画が再生されます。

  • YouTube™は弊社とは別企業のサービスであり、各サービスの利用規約に則りご利用ください。

タイトル
鉄拳7
対応機種
PS4/Xbox/STEAM
ジャンル
対戦格闘
発売日
好評発売中
希望小売価格
PS4®パッケージ版・ダウンロード版 4,000円+税
ダウンロード版デラックスエディション2018 8,700円+税
Xbox Oneパッケージ版・ダウンロード版 8,200円+税
STEAM®ダウンロード版 オープン価格
プレイ人数
1~2人(オンライン時最大8人)
CERO
15歳以上推奨

4K/120P入力対応

最新ゲーム機やゲーミングPCの4K/120P出力に対応し、早い動きも滑らかに再現します。

HDMI入力端子1、2で対応。外部機器から4Kの映像信号(2160p)を入力する場合は、プレミアムハイスピードHDMI®ケーブルを4Kの映像信号(2160p (10bit, 12bit))を入力する場合は、ウルトラハイスピードHDMI®ケーブルをご使用ください。

ソフトウェアダウンロードによるバージョンアップにて2021年秋対応予定。

X8900K/Z670K

オートゲームアジャスト

ゲーム機を接続したときに自動で機器を判別し、最適な設定に変更するができます。ゲームやゲーム機の種類ごとに設定変更をしなくても、最適な映像にレグザが自動調整。より美しく楽しむことができます。

接続機器によっては動作しないことがあります。

X8900K/Z670K

ALLM設定

選択している入力機器からの情報に連動して、自動的に「低遅延モード」の設定に切り換えます。

「ALLM設定」は、HDMI入力毎に設定が必要です。

X8900K/Z670K

VRR(バリアブル・リフレッシュ・レート)対応

リフレッシュレートとフレームレートとの不整合により発生する映像のちらつきやカクツキを軽減し描画ずれのない滑らかな映像でゲームが楽しめます。

ソフトウェアダウンロードによるバージョンアップにて2021年秋対応予定。

X8900K/Z670K
02

美しさは、感動

超解像処理で、
色彩豊かな映像の世界を
あなたの目の前へ

超解像処理

再構成型・自己合同性型超解像処理に対応したことで、動きの速さに応じたフレーム処理で映像をよりクリアに再現します。

X9400S / X9400 / X8400 / Z740XS / Z740X

ゲームスムーズモード

ゲームのムービーシーンをなめらかな映像で楽しめる「ゲームスムーズ」モードが、約18.33msecのレスポンスを実現。スピードが速いゲームの映像もよりなめらかに楽しめます。

1080p/1440p/4K 60p入力時。720p入力時は約21.83msec。

X9400S / X9400 / X8400 / Z740XS / Z740X

HDMI®1080p 120Hz HDMI® 2560×1440 60Hz入力対応

レグザならPCゲームも高精細な映像でなめらかに楽しめます。X9400S / X8900K / X9400 / X8400 / Z740XS / Z670K / Z740Xでは、120Hz入力対応によりさらにレスポンスの速い快適なプレイが可能です。

X9400S / X8900K / X9400 / X8400 / Z740XS / Z670K / Z740X
FISE HIROSHIMA 2020 Exhibition eSPORTS Battle 公式モニター採用

をクリックすると別ウインドウが開きます。

ラインアップ

*1 HDMI®1080p/60Hz 12bit入力時、HDMI®1440p/60Hz 12bit入力時(画面サイズ「フル」選択時)、HDMI®4K/60Hz 12bit入力時。  *2 HDMI®1080p/120Hz入力時。HDMI入力端子1?4まで。  *3 HDMI®1080p/120Hz入力時。  *4 HDMI®1080p/60Hz入力時(画面サイズ「フル」選択時)、HDMI®4K60p入力時。  *5 HDMI®1080p/60Hz入力時(画面サイズ「Dot by Dot」または「フル(ジャスト)」選択時)  *6 1080p/60Hz入力時。※記載の信号遅延時間は、映像メニュー「ゲーム」選択時となります。※パネルによる遅延を除きます。※遅延時間について、くわしくは各機種の商品ページをご覧ください。

※ HDMI、High-Definition Multimedia Interface、およびHDMIロゴは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc. の商標または、登録商標です。

※ YouTube、YouTubeロゴは、Google LLCの商標です。

※ このページの画像はすべてイメージです。

※ このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

このページのトップへ