新高画質映像処理エンジン「レグザエンジンZRα」搭載~ レグザ史上最高画質・音質を実現 タイムシフトマシン4K有機ELレグザ「X9900Lシリーズ」発売

Regza Instruction Icon
2022.05.17
Regza Instruction Icon
2022.05.02

2022年5月17日

2022年5月26日改定
TVS REGZA株式会社

新高画質映像処理エンジン「レグザエンジンZRα」搭載
タイムシフトマシン4K有機ELレグザ「X9900Lシリーズ」発売

X9900LKV

タイムシフトマシン4K有機ELレグザ 「X9900Lシリーズ」


TVS REGZA株式会社は、3年ぶりに全面刷新した高画質映像処理エンジン「レグザエンジンZRα(読み方:ぜっとあーるあるふぁ)」を搭載したレグザ最高峰モデル、タイムシフトマシン4K有機ELレグザ「X9900Lシリーズ」(65V型、55V型)を6月中旬より順次発売します。

「レグザエンジンZRα」は、ディープニューラルネットワーク(DNN)のAIエンジンを搭載。リアルタイムでの高ビット精度の信号処理と最新の超解像技術による「AI ナチュラル フォーカス テクノロジー」に対応し、その場にいるかのような臨場感、手を伸ばせば触れられるかのような質感を再現することを可能としました。このほか、「美肌AIフェイストーンZRα」、「ネット動画AIビューティZRα」「地デジAIビューティZRα」など、さまざまな高画質技術に対応し、レグザ史上最高画質を実現しています。

さらに、実用最大出力合計値90W、マルチアンプ駆動の「重低音立体音響システムXHR」を搭載。ハイレゾオーディオにも対応しました。また、放送済みの番組を過去番組表からすぐに楽しめる「タイムシフトマシン」など充実した機能を備えています。


 

■新商品概要

市場想定価格

【主な特長】 
 
1.高画質技術

 
 
(1)新高画質映像処理エンジン「レグザエンジンZRα」と自社開発の高コントラスト有機ELパネル
高画質映像処理エンジン「レグザエンジンZRα」は、ディープニューラルネットワーク(DNN)のAIエンジンを搭載。リアルタイムでの高ビット精度の信号処理と最新の超解像技術で、その場にいるかのような臨場感、手を伸ばせば触れられるかのような質感の再現を可能としました。また、新世代高コントラスト有機ELパネルを採用。自社開発高冷却インナープレートと組み合わせ、約2割パネルの輝度を向上させました*1。明るく鮮やか、かつ、黒の引き締まった美しい映像をお楽しみいただけます。
ZRα&有機ELパネル
(2) AI ナチュラル フォーカス テクノロジー
映像のエリアごとにニューラルネットワークによる分析を行い、被写体と遠景を識別して、それぞれの部分に適した超解像処理を実施します。被写体を高精細に描き出しつつ、遠景の超解像処理を抑制することで、奥行き感、立体感のある映像を実現します。
AIナチュラルフォーカステクノロジー

AI ナチュラル フォーカス テクノロジー(図はイメージ)

(2)  美肌AIフェイストーンZRα
AIが映像内にある顔領域をリアルタイムで検出し、顔の肌の色がカラーシフトしているかをより高精度に判定。ドラマなどで照明等の影響により不自然にカラーシフトした顔色をより自然な色に補正します。また、人物に適した超解像処理を施すことで、立体感のある美しい人物映像を描き出します。
美肌AIフェイストーンZRα

美肌AIフェイストーンZRα(図はイメージです)

(3)  ネット動画AIビューティZRα
ネット動画の特性に合わせてさまざまな高画質処理を行い、コントラストと精細感を向上させます。今回、新たに開発したバンディングスムーサーは、人物などの精細感は保ちながら、背景など広範囲に発生しているバンディングノイズを低減。ネット動画をさらに高画質に映し出します。
ネット動画AIビューティZRα

ネット動画AIビューティZRα(図はイメージ)

(4)  地デジAIビューティZRα
リアルタイムに複数回の超解像処理を実施し、放送波のさまざまなノイズを低減しつつ、動きのある映像で発生する残像を抑制することで、高精細でクリアな映像を実現します。テロップ検出や顔領域検出機能などにより検知したさまざまなノイズを低減し、テレビ番組を高画質化します。また、データ量を拡充した3Dカラーデータベースが、淡い色から鮮やかな色まで、あらゆる色彩をさらに美しくリアルに描きます。
地デジAIビューティZRα

地デジAIビューティZRα(図はイメージ)

2. 高音質技術

(1)  重低音立体音響システムXHR搭載
実用最大出力合計値90Wのマルチアンプにより、2Wayバスレフボックスメインスピーカー、スクリーンスピーカー、重低音バズーカ、トップツィーター、サイドツィーターなど合計10個のスピーカーを駆動。センターにスピーカーを配置することで、画面から音が出ているようなリアルで立体感のある音場を実現しました。また、ハイレゾオーディオにも対応*2。ハイレゾ音源を再生できるほか、HDMI入力時やネット動画再生時などにおいて、音源をハイレゾ相当にアップスケーリングします。これにより、楽器の音色やその場の空気感など今まで聴こえなかった音のディテールやニュアンスをお楽しみいただけるようになりました。
重低音立体音響システムXHR

重低音立体音響システムXHR(図はイメージ)

3.その他の便利な機能

(1)高品位な筐体デザインとネット動画ダイレクトボタンを拡充した新リモコン

新開発の筐体デザインは、無駄な要素をなくし、研ぎ澄ませた簡潔なもので、上質な住空間と自然に調和します。没入感を追求したベゼルレスデザインを採用。テレビスタンドも、豊かな視聴体験を実現するシンプルなデザインとしました。また、テレビ左右のスタンド取付け間隔を、2パターン用意しました。これにより、テレビ台の大きさに合わせて、どちらかお好みの幅での設置が可能となりました。さらに、リモコンのデザインを刷新。ネット動画にダイレクトにアクセスできるボタンを拡充したほか、お気に入りのネット配信サービスやHDMI入力端子を登録し、ボタンひとつで起動できる「My.Choice」ボタンを2つ搭載しました。*3

リモコン

新リモコンのネット動画ダイレクトアクセスボタン

(2)放送済みの番組をいつでも見られる「タイムシフトマシン」*4

地上デジタル放送を最大6チャンネル録画することができ、見たい放送番組をいつでも視聴することができます。予約なしで、「あとで」見る/見逃した番組を「これから」見るといった自由な視聴スタイルを実現します。


  • 番組冒頭にすばやくアクセスできる「始めにジャンプ」ボタン

テレビをつけたときや、チャンネルを変えたときなど、面白そうな番組を見つけたときに、リモコンの「始めにジャンプ」ボタンを押すだけでオープニングから視聴できます。*5


  • 録画済みの番組を番組表形式で表示する「過去番組表」

録画した番組は、番組表形式で表示されます。親しみやすいユーザーインタフェースで、見たい番組をすぐに見つけることができます。


  • 見たい番組がすぐに楽しめる「ざんまいスマートアクセス」

タイムシフトマシン録画など数多く録画された番組の中から観たい番組を簡単に見つけることができます。録画番組をジャンルやタレントごとに自動分類してサムネイル表示するので、ネット動画サービスを利用している感覚で番組を楽しむことができます。

タイムシフトマシン

タイムシフトマシンのさまざまな機能(図はイメージ)

(3)「レグザナビ」、「番組ガイド」、「シーン/出演者」などの充実した録画・視聴機能

本機は、新4K衛星放送を楽しめる4Kチューナーを2基内蔵。4K放送を視聴しながら別の4K放送の番組を別売の外付けUSBハードディスクに録画することができます。さらに、タイムシフトマシン用とは別に地上/BS・110度CSデジタル放送チューナーを3基内蔵しており、番組を視聴しながら、同時に別の2番組をUSBハードディスクに録画することが可能です。*6

みんなに人気の番組をランキング形式で表示する「レグザナビ」や、これから放送される新ドラマや特番などをテレビ情報誌のように表示する「番組ガイド」により、見たい番組をすぐ見つけることができ、簡単に番組録画できます。番組単体での録画はもちろん、おまかせ録画を設定することも可能です。見たいシーンだけを視聴することができる「シーン/出演者」機能も搭載。*7時間がないときでも、音楽番組や情報バラエティ番組などで、興味のあるシーンやコーナーだけをすぐに視聴できます。

レグザナビ&シーン/出演者
                   

(4)オーディオキャリブレーション機能搭載

テレビから発するテストトーンをリモコンのマイクで測定し、音響特性を補正。レグザを使用する環境に適したオーディオ設定に自動で調整します。

オーディオキャリブレーション

オーディオキャリブレーション(図はイメージ)

(5) 4K/120P入力に対応。さまざまなゲーム機との接続においても美しい映像を再現する「オートゲームアジャスト」機能

4K/120P入力、コンテンツに応じて低遅延モードと高画質モードを自動的に切り換える「ALLM」、リフレッシュレートとフレームレートとの不整合により発生する映像のちらつきやカクツキを軽減する「バリアブルリフレッシュレート(VRR)」に対応しています。また、「オートゲームアジャスト」機能に搭載しました。ゲーム機の出力映像に合わせて自動的に画質調整を行い、臨場感あふれる美しい映像を再現します。さらに、AMD FreeSync™ Premiumに対応。AMD社の認証プログラムにより、対応グラフィックス・カードとの接続時に低遅延かつティアリングのないスムーズなゲームプレイ体験を楽しむことができます。*8

また、表示遅延時間約0.83msec*9の「有機EL瞬速ゲームモード」を搭載。ゲーム映像を色彩豊かに美しく再現しながらも表示にかかる遅延時間を低減し、快適なゲームプレイを可能とします。

*1 65X9400S(2021年モデル)と65X9900L(2022年モデル)の比較

*2 ハイレゾオーディオは、商品出荷時の設定はオフです。使用には設定をONにすることが必要です

*3 リモコンにボタンがない当社がおすすめするネット動画配信サービスのアプリを登録できます。TVerはソフトウェアアップデートによるバージョンアップにて、2022年夏対応予定です

*4 タイムシフトマシンの利用には、別売の「タイムシフトマシン」対応USBハードディスクが必要です

*5 始めにジャンプ機能はタイムシフトマシンで録画中の番組に対してのみ動作します

*6 録画には別売りのUSBハードディスクが必要です

*7シーン情報は、「関東」「東海(静岡県除く)」「関西」地区で放送されているNHK総合、Eテレ(ともに関東の場合は「NHK放送センター」、東海の場合は「NHK名古屋放送局」、関西の場合は「NHK大阪放送局」から放送された番組)、および民放キー局の地上デジタル放送の番組に対応しています。それ以外の地域では、NHK総合、Eテレ(ともに「NHK放送センター」から放送された番組)、および関東の民放キー局で放送されている同時刻放送番組に対応しています。ただし、番組によっては、本機能が正しく動作しない場合があります

*8 FreeSync TM Premiumを使用するには、設定画面でONにする必要があります。オートゲームアジャスト機能とは併用はできません

*9 1080p/120Hz入力時の映像遅延時間。1080p/60Hz 12bit、1440p/60Hz、4K/60Hz 12bit入力時の映像遅延時間は約9.2msec。(パネルによる遅延を除く)


※各機能の利用には、インターネット接続が必要な場合があります

※4Kの画素数は3,840×2,160です

※YouTubeはGoogle LLCの商標です。その他本リリースに記載されている社名・商品名・サービス名などはそれぞれ各社が商標として使用している場合があります

※本リリースの内容は、発表時点のものです。予告なしに変更される場合があります

 

本リリースに関するお問い合わせはこちらをご確認ください。

Small-qna

よくあるご
質問

Small-mail

お問い合
わせ

small-search

テレビの
選び方

small-tools 便利なツール
Close Icon 閉まる