X9900N シリーズのサポート

X9900N 個別商品サポート

レグザ
タイムシフトマシン搭載4K有機ELレグザ

X9900N series

65X9900N / 55X9900N
サポートメニュー
本体アップデート情報
接続確認済み機器

本体アップデート情報

65・55X9900N

放送ダウンロード
実施日時 BSデジタル放送ダウンロード ダウンロードはありません。  
地上デジタル放送ダウンロード ダウンロードはありません。  
バージョン番号    
実施内容  
     
サーバーダウンロード
公開スタート  
バージョン番号  
実施内容  
  ※本機種のソフトウェアは順次公開しています。「自動ダウンロード」の設定を「する」(お買い上げ時の設定)にして更新をお待ちください。
   

接続確認済み機器

サウンドシステム 
動作確認済み機器・対応情報
open-new-window クリックすると別ウインドウが開きます。
通常録画対応USBハードディスク(USB3.0)
通常録画最大容量 8TB
登録台数*1 8台
同時接続(ハブ経由)*2 最大4台
東芝   THD-200V2*3   THD-100V3*4   THD-200V3*4   THD-300V3*4   THD-400V3*4

※通常録画用端子Cに接続します。

*1)
USBハードディスクを使用する際は登録が必要です。新たに登録するとハードディスクに保存されている内容はすべて消去されます。
*2)
タイムシフトマシン、もしくは通常録画のどちらかとして使用できます。同時接続、通常録画増設用として使用する場合、USBハブ(別売)が必要です。
*3)
背面に取り付ける場合、テレビ1台につきUSBハードディスク1台のみ取り付け可能です。(RZ630Xシリーズは付属のUSBハードディスクを背面に取り付け済みのため、追加のUSBハードディスクを背面に取り付けることはできません。)テレビとUSBハードディスクの組み合わせによっては、USBハードディスクをテレビの背面に取り付けると、壁への取付ができなくなる場合があります。
*4)
背面には取り付けできません。
タイムシフトマシン対応USBハードディスク
タイムシフトマシン & 通常録画
東芝  THD-250D2*2  THD-500D2*2   THD-600D3*3
タイムシフトマシンもしくは通常録画
東芝  THD-200V2*1*2  THD-100V3*1*3 THD-200V3*1*3  THD-300V3*1*3  THD-400V3*1*3
 

※タイムシフトマシン録画用として使用する場合はTV側の端子Aに接続します。(2台接続の場合は端子A・Bにそれぞれ接続します)
録画用端子Bのみに接続した場合(端子Aが空き状態)はタイムシフトマシン録画は動作しません。

*1)
タイムシフトマシン、もしくは通常録画のどちらかとして使用できます。通常録画増設用として使用する場合、USBハブ(別売)が必要です。
*2)
背面に取り付ける場合、テレビ1台につきUSBハードディスク1台のみ取り付け可能です。(RZ630Xシリーズは付属のUSBハードディスクを背面に取り付け済みのため、追加のUSBハードディスクを背面に取り付けることはできません。)テレビとUSBハードディスクの組み合わせによっては、USBハードディスクをテレビの背面に取り付けると、壁への取付ができなくなる場合があります。
*3)
背面には取り付けできません。

※ハードディスクの容量は、1TB=1000GB、1GB=10億バイトによる算出値です。

周辺機器メーカーにて確認されているUSBハードディスク
レグザ推奨USBハードディスク情報(他社商品)
open-new-window クリックすると別ウインドウが開きます。
周辺機器メーカーにて確認されているUSBハブ
バッファロー社製 別ウインドウアイコン BSH4AE12
別ウインドウアイコン をクリックすると別ウインドウが開きます。
LINE_ICON

LINEでお問い合わせ

Small-mail

メールでお問い合わせ

small-search

テレビの
選び方

small-tools 便利なツール
Close Icon 閉じる