タイムシフトマシン

timeshift-01
タイムシフトマシン
電子番組表から見たい番組を探して一つずつ録画予約する時間。見終わった録画番組をリモコンを使って削除する時間。「タイムシフトマシン」なら、これらの時間をまるごと節約。事前に設定しておくだけで、あとは設定されたチャンネルを録画予約不要で自動録画し、古い番組から自動で削除してくれます。

地上デジタル放送とBS/110度CSデジタル放送をあわせて6チャンネル、1週間分をまるごと録画。
ゴールデンタイム含む設定(19:00~25:00)なら約30日分

あなたのテレビにかんたん接続
本機とお持ちのテレビをHDMI®ケーブル(別売)でつないで*1、タイムシフトマシン設定も「かんたん設定」を利用すればすぐに完了します。さらに「かんたん設定」内で、お持ちのテレビメーカーを選択することで本機のリモコンでテレビの選局や音量調整をすることができます。*2

対応テレビメーカー*2

ハイセンス 日立 ソニー
三菱 パナソニック パイオニア
シャープ フナイ LG
 
*1) 別途本機のアンテナ入力端子にアンテナケーブルの接続が必要です。
*2) すべての他社製機器の操作を保証するものではありません。上記以外の対応メーカーについては取扱説明書をご覧ください。
timeshift-03

東芝テレビ タイムシフトマシン機能付きレグザをお使いなら

BS/110度CSデジタル放送も
タイムシフト録画できる

 
テレビのタイムシフトマシンと組み合わせることで、地上デジタル放送だけでなく、BS/100度CSデジタル放送のタイムシフトマシン録画も可能。録画チャンネル数は12chまで拡張し、録画の幅が広がります。
 
*BS/110度CSデジタル放送は5chまで。何日分見られるかは設定条件によって異なります。
 
番組表を統合して表示ができる
 
2つの過去番組表を1つにまとめて画面上で表示することが可能。録画先を意識することなく、タイムシフトマシン録画が楽しめます。
 
※過去番組表を統合表示できる機種は1機種のみです。
タイムシフトリンクを詳しく見る
全チャンネルをタイムシフトマシン録画に使用しても空き時間中は2番組同時録画が可能
タイムシフトマシン録画設定時間外の空き時間なら予約や自動録画ができる!
timshift-supp-1
タイムシフトマシンなら
初期設定だけでまるごと録画!
消去も自動で!
 
詳しく見る >
timshift-supp-2
時短で見るなら
"時短"レグザタイムシフトマシンなら、
空いた時間に合わせて効率よく見られる!
 
詳しく見る >
timeshift-10
番組の内容がひと目でわかる!
ビジュアル過去番組表

通常表示の過去番組表に加え、番組の説明と1シーンの画像が表示される「ビジュアル過去番組表」もご用意。どんな番組かわかりやすく、番組選びがより快適にできます。
 
詳しく見る >
timeshift-11
見たいシーンへ素早くスキップ!
マジックチャプター機能

タイムシフトマシン録画中にも自動でチャプターが付くようになりました。番組が終了する前でも、逆方向の「スキップ」ボタンを押すとチャプターの最初に戻り、長押しをすれば、番組冒頭に戻る「始めにジャンプ」が可能。テレビをつけた時やチャンネルを変えた時に便利です。
 
詳しく見る >
※「始めにジャンプ」は、タイムシフトマシンで録画中の番組のみ動作します。
もっとあなた好みに!

チャンネル、録画容量、録画モードetc...
まるごと録画をもっとあなた好みに!

通常録画/タイムシフトマシン兼用の2チューナーをそれぞれタイムシフトマシン録画・通常録画のどちらを使うか自由に選択が可能。1つはタイムシフトマシン録画、もう1つは通常録画で録画したい番組だけ録画するというように、スタイルに合わせた使い方ができます。
まるごと録画の容量を増やせる!
別売のUSBハードディスクを接続することで、タイムシフトマシンの録画容量を最大2台まで増設することが可能。内蔵ハードディスクの容量が足りないと感じたときも後から手軽に容量を増やせて安心です。
 
詳しく見る >
timeshift-08
「録画予約不要」でチャンネルまるごと録画
タイムシフトマシン
records_c
「タイムシフトマシン」は、設定したチャンネルの番組をハードディスクに一時保管する機能です。一度設定しておけば、設定したチャンネルをまるごと録画し続けるので、面倒な録画予約もなく、録(と)り逃しの心配もありません。D-M210なら内蔵ハードディスク(1750GB使用時)だけで、6チャンネル×最大約7日間分*1のまるごと録画が可能。地デジはもちろん、BSや110度CSデジタル放送もまるごと録画 にも対応しています。

ビジュアル過去番組表

通常表示の過去番組表に加え、番組の説明と1シーンの画像が表示される「ビジュアル過去番組表」のデザインを刷新。ジャンルの表現や見やすい文字でさらに分かりやすくなりました。チャンネルの並び順も変更可能で、タイムシフトマシンの設定も過去番組表から変更することができます。

残したい番組は自動削除の前に保存可能!

設定されている条件でのタイムシフトマシン録画可能日数を経過して自動削除される前に、残しておきたい番組を通常録画用のハードディスクに保存できます。

地デジもBSも110度CSも、最大6チャンネルをまるごと録画

通常録画/タイムシフト兼用の2チューナーをタイムシフトマシン録画用として設定すれば、最大6チャンネルのまるごと録画が可能に。地デジ放送なら6チャンネルすべてに、BS/110度CS放送の有料チャンネルについては、最大5チャンネルに設定することができます。
加入はしていたけど、今までは見逃していた有料チャンネル*1もしっかり楽しめます。
6チャンネルタイムシフトマシン録画の設定例
割り当てチャンネル(チューナー) 録画モード 最長録画可能日数(目安)*5
D-M210(1750GB)
タイムシフトマシン専用 【タイムシフトマシン録画設定】1 スマホ長時間画質 約7.5日
【タイムシフトマシン録画設定】2
【タイムシフトマシン録画設定】3
【タイムシフトマシン録画設定】4
通常録画/タイムシフトマシン兼用 【タイムシフトマシン録画設定】5 AVC長時間画質*6 約7.5日
【タイムシフトマシン録画設定】6
*1) 本機でBSデジタル・110度CSデジタル放送の有料放送をタイムシフトマシン録画した場合。
*2) デジタル放送画質(DRモード)と AVC最高画質モードでのタイムシフトマシン録画には対応しておりません。
*3) 地上デジタル放送だけが選択可能です。
*4)タイムシフトマシン録画の設定時に表示されるチャンネル番号です。
*5)タイムシフトマシン録画可能な合計時間を、実際に1日にタイムシフトマシン録画の録画動作可能な最大時間(23時間)で割って日数単位で表した目安です。実際に過去番組表で表示される最大日数はこれと異なる場合があります。
*6)【タイムシフトマシン録画設定】5~6では、「スマホ高画質」「スマホ長時間画質」は選択できません。
※ 使用状況により、視聴チャンネルが限定される場合があります。
※ 有料放送を視聴するには、別途、ご契約・料金が必要です。
録画容量の割り当てを自由に変更
ハードディスク容量設定
1台のハードディスクで「タイムシフトマシン録画領域」と通常録画(最大2チャンネル)・保存用の「保存領域」の割合を変更可能!
タイムシフトマシンでたくさんの番組を録画したい時は、内蔵ハードディスク容量のうち500GB分だけ通常録画(最大2チャンネル)や保存用に割り当て、といったようにタイムシフトマシン録画と通常録画(最大2チャンネル)や保存用で使用するハードディスクの録画容量の割り当てが自由に変更できます。
 
自分の使い方に合わせて自由に割り当てを変更できる!

D-M210のハードディスク容量2TB(2000GB)

保存変換せずにタイムシフトマシン録画した番組をすぐに持ち出せる

スマホ持ち出し用画質
4つのチューナーを「スマホ高画質」または「スマホ長時間画質」に設定すれば、「過去番組表」や「保存番組」からスマホに番組を持ち出すことができ*、スマートフォンで手軽に番組を楽しむことができます。

放送途中の番組を冒頭から再生

始めにジャンプ
現在放送中の番組でも、リモコンの逆方向の「スキップ」ボタンを長押しすれば、簡単に番組の冒頭から視聴が可能。チャンネルを変えている際に面白そうな番組を見つけたときなどに便利です。

タイムシフトマシン録画した番組も効率よくチェック

チャプター表示/スキップ操作
タイムシフトマシン録画番組にもチャプターが自動で付き、チャプター表示が可能。番組を少しだけ確認したい、気になるシーンだけを見たい場合などに役立ちます。録画が終了する前でも、逆方向の「スキップ」ボタンを押すとチャプターの最初に戻ります。
過去番組の視聴時に役に立つ
1/20スキップ
リモコンの左右方向キーでチャプター分割をせずに番組の長さに応じた1/20単位の間隔での前後へのスキップ操作が可能。過去番組表の番組を見る際、手軽にスキップできるので、見たいシーンを探すときなどに便利です。
※ 番組によっては1/20スキップできない場合があります。
放送そのままの画質でのタイムシフトマシン録画
DRモード対応
なるべく高画質のままタイムシフトマシン録画したい、そういった要望にも対応しています。 放送波そのままのDR画質でタイムシフトマシン録画するので、高画質での視聴が可能。
※  デジタル放送画質(DRモード)タイムシフトマシン録画できるのは通常録画/タイムシフトマシン兼用チューナーの5~6チャンネルのみです。

お好みで選択できる

録画画質と録画可能日数
タイムシフトマシン録画では、「DR」と「AVC」「スマホ高画質/スマホ長時間画質」の録画モードが選べます。
目的に応じてお好みの画質を設定できます。
DR
AVC スマホ高画質/スマホ長時間画質
タイムシフトマシン録画でも、なるべく高画質のまま視聴したい場合や、高画質のままハードディスクに残したいときに選びます。
※ 通常録画/タイムシフトマシン兼用チューナーを使用した2つのチャンネルのみで選択できます。
長時間タイムシフトマシン録画したい場合に選びます。AVCモードは画質を圧縮することで長時間の記録が可能になり、圧縮率を4段階から選ぶことができます。
※ AVC最高画質モード/AVC長時間画質モードは、通常録画/タイムシフトマシン兼用チューナーを使用した2つのチャンネルのみで選択できます。
タイムシフトマシン録画した番組をスマートフォンに持ち出して視聴する場合に選びます。スマートフォン視聴に適した画質を選ぶことができます。
※ 通常録画/タイムシフトマシン兼用チューナーでは選択できません。
内蔵ハードディスクでの6チャンネルタイムシフトマシン録画日数(目安)*1
録画モード D-M210(1750GB)
タイムシフトマシン専用チューナー 通常録画/タイムシフトマシン兼用チューナー
DR放送画質*2 地上デジタル:約1.5日
BS/110度CSデジタル:約1日
AVC最高画質*2 約2日
AVC高画質 約3日 約3日
AVC中画質 約4.5日 約4.5日
AVC長時間画質*2 約7.5日
スマホ高画質*3 約6.5日
スマホ長時間画質*3 約7.5日
*1)タイムシフトマシン録画可能な合計時間を、実際に1日にタイムシフトマシン録画の録画動作可能な最大時間(23時間)で割って日数単位で表した目安です。実際に過去番組表で表示される最大日数はこれと異なる場合があります。
*2)DR放送画質とAVC最高画質、AVC長時間画質でのタイムシフトマシン録画は、通常録画/タイムシフトマシン兼用チューナーを使用した2つのチャンネルでのみ可能です。
*3)【タイムシフトマシン録画設定】5~6のチャンネルの録画モードに「スマホ高画質」または「スマホ長時間画質」は、選択できません。
※ 記録時間は目安であり、この数値を必ず保証するものではありません。

録画設定を1画面で分かりやすく表示

タイムシフトマシン設定
タイムシフトマシンの録画設定を1画面で分かりやすく表示。
「有効時間変更」や「HDD容量設定変更」、「タイムシフトマシン録画モード(1~4)」、「タイムシフトマシン録画モード(5、6)」など、 様々な設定が変更でき、録画可能日数も確認できます。

タイムシフトマシン有効時間とシステムメンテナンス時間の設定状況を確認、
変更がより手軽にできるようになりました。
現在の割り当て容量で何日分の録画が可能か、タイムシフトマシン設定画面で確認できます。

自分の録画したい番組に合った時間帯のタイプを選択すれば、
簡単に録画有効時間が設定可能!もちろん手動で好みの時間を細かく設定することもできます。

システムメンテナンス時間変更
録画有効時間設定画面から、システムメンテナンスの時間も変更できます。タイムシフトマシン録画をおこなわない時間に設定すれば、録画を中断することがありません。
タイムシフトマシン録画設定時間外にも同時録画や自動録画ができる!
タイムシフトマシン録画時間外も番組録画
タイムシフトマシン録画設定時間外の空き時間にも予約録画・自動録画が可能です。
最大2番組の予約録画が可能で、録画したい番組がタイムシフトマシン録画時間外だった場合にも気になる番組を録画しそびれません。
 
* おまかせ自動録画は最大2番組までとなります。チャンネル5~6をすべて未設定にしている場合には空き時間に可能なおまかせ自動録画は2番組までです。
タイムシフトマシン録画時間をもっと増やしたい
USBハードディスクを使ったタイムシフトマシン録画時間の拡大*1
タイムシフトマシン増設対応USBハードディスクを接続することで、まるごと録画できる日数を、D-M210なら約7日分*2から約15.5日分*2に増やすことができます*1*3。

D-M210なら、6チャンネル/約7日分*2
約15.5日分*2に増やすことができます。

他のタイムシフトマシン搭載機と組み合わせて使う
タイムシフトマシン連携
timeshift
タイムシフトマシン搭載レグザや他のレグザタイムシフトマシンと本機を組み合わせることで、タイムシフトマシン録画する放送波やチャンネルを増設する感覚で使えます。例えば、レグザで地上デジタル放送の6チャンネル、本機でBS/110度CSデジタル放送の有料放送5チャンネルを選び、合わせて11チャンネルのまるごと録画が可能。タイムシフトマシン録画番組をもっと自由に楽しめます。
 
*レグザ対応機種(タイムシフトマシン搭載):X9400/Z740X/X930/Z730X/RZ630X/X920/Z720X/Z810X/X910/Z700X/Z20X/J20X/Z10Xシリーズ
タイムシフトリンク機種でも時短再生
従来の「らく見」、「飛ばし見」に加えて「らく早見」がタイムシフトリンク機種でも使用できます。
他の番組と同じように、時短で番組を楽しむことができます。
テレビ レグザからもタイムシフトリンク
本機とテレビレグザを接続しテレビリモコンの「タイムシフトリンク」ボタンを押すと、タイムシフトマシンのさまざまな機能「始めにジャンプ」「過去番組表」「機器操作」などを選択可能。テレビのリモコン1つで、タイムシフトマシンの機能を快適に操作できます。

※ ざんまいスマートアクセス、統合過去番組表のご利用には、ホームネットワーク(LAN)を構築し、設定のうえ対応機器を接続する必要があります。
詳しくは、テレビレグザの各商品ページ「タイムシフトリンク」をご確認ください。
※ HDMI、High-Definition Multimedia Interface、およびHDMIロゴは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc. の商標または、登録商標です。
※ その他のこのページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
 
※ このページの画像はすべてイメージです。

Small-qna

よくあるご
質問

Small-mail

お問い合
わせ

small-search

テレビの
選び方

small-tools 便利なツール
Close Icon 閉まる
x
追加して比較